この作品のテーマは”girafe”ジラフ(きりん)です。
作品の高さは2メートル。
大自然の草原で休んでいるきりんの子供です。
周りには、球体のお花と、小鳥が戯れています。
足元には、フルーツのタルト。
居心地が良く、なかなか立ち上がろうとしない感じを表現しました。
   

デザイナー、エリ マツイさんとのコラボレーション。
いくつかのウェディングドレスから1点を選ばせて頂き、煌びやかに光る輝きを砂糖の結晶でイメージしました。
様々な大きさから成る砂糖の球体は科学の分子に結び付けて表現しています。
   

デザイナー、ケイタマルヤマさんとのコラボレーション。儚い桜の花びらを繋ぎ合わせたとても繊細なこのドレスに、
私は、わずかな瞬間にだけ咲く、日本の桜の美しさと艶やかさを、飴で、花びらやフルーツを作り、表現しました。
   

デザイナー、ドレスキャンプさんとのコラボレーション。
ゴールドとブラックを基調とした作品が多かった為、ゴージャスで煌びやかなイメージ。 女性のサイボーグが頭に浮かびタイトルは、"GYNOIDS"(ガイノイド)。
ショコラのタブレットやボンボンショコラ、オレンジなどを全てゴールドにし、アクセントに赤い飴を入れました。
   

デザイナー ツモリチサトさんとのコラボレーション。
数あるツモリさんの服から1つ選びフランスの王妃 マリー・アントワネットをイメージしました。
髪の毛はパフェのようにもり上げ、マカロンやタルト、ルリジューズなどが飾ってあります。
イヤリングは苺、指輪はタルト、ネックレスは小さなお花を散りばめています。
   

日本予選時の作品より、スケールアップして挑んだ作品です。
全体的に濃淡のグリーンを何色も使い、上部の蝶を2匹にし、中段の花は大きく、サソリは今にも動き出しそうにリアルに表現しました。高さは2m を超えました。
   
 

テーマは「Le bien et le mal」
あめ細工で美しい蝶と恐いサソリを対比して作った作品です。
大きな会場で材料から作り上げるコンクールで、制作時間は7時間。作品は1m80cm ありました。
   
   

旭屋出版「SWEETS PYXIS」掲載用に作った Wedding cake です。
テーマは2人の思い出を宝石にたとえ、明るい未来をイメ−ジしました。
デザインはハートのオブジェと指輪でティアラを飾り、中段には黄色とオレンジの幻想花、底部にはウェディングケーキを囲む大きめのティアラ、ドラジェを並べました。